犬猫の歯石口臭の除去対策まとめ

犬猫の歯石口臭に関する問題をまとめました

我が家の猫の歯にはたくさん歯石が付着しています。そこで動物病院での歯石除去を検討しているのですが、猫が高齢であるため全身麻酔に耐えられるかが心配です。シニア猫に全身麻酔をかけても大丈夫でしょうか。

   

1.シニア猫の口腔内

猫も年齢を重ねてシニア世代になってくると、どうしても歯に歯石がたまってきます。また若いころのように硬いフードを食べられなくなる子も多いため、柔らかいフードを食べるようになると、ますます歯石の量は増えてしまいますよね。
さらにシニア猫は抵抗力も弱ってくるため歯周病にもなりやすく、症状が進行すると歯がぐらぐらと動くようになったり、歯茎から出血したりするようになります。

2.全身麻酔の安全性

上で説明したように、シニア猫は口腔内に様々なトラブルを抱えています。そしてそのトラブルを解消するために最も有効なのが、動物病院で歯石除去をすることです。
しかし飼い主さんとしては、ここで一つ大きな悩みに直面します。そう、「全身麻酔のリスク」です。
年老いた愛猫に全身麻酔をかけることには、とても勇気がいりますよね。「麻酔をかけたまま目が覚めなかったらどうしよう」とか、「麻酔をかけたことで寿命が縮まってしまうのではないか」など、色々と考えてしまうでしょう。

では、実際のところはどうなのでしょうか。シニア猫に全身麻酔をかけることはそんなに危険なことなのでしょうか。
応えはNOです。

心臓病などの持病がある猫は別ですが、特に何の持病もないというシニア猫の場合、全身麻酔に耐えられるかどうかの血液検査や超音波検査等さえクリアしていれば、何の問題もなく全身麻酔をかけて歯石除去をすることができます。
動物病院では猫の体重等を図ったうえで、使用する麻酔薬の量もしっかりと計算されているので、そこまで心配する必要はないのです。

3.決断のポイント

そうはいっても、やはり心配は尽きないものでなかなか歯石除去を決断できないという方も多いと思います。そういった場合には、全身麻酔をかけることと、このまま歯石を除去しないこととを比べてどちらを取るかを選ぶことをおすすめします。

歯周病になったシニア猫の歯石を除去しないまま放置していると、歯周病がどんどん進行してしまい、歯を失ってしまったり、顎の骨が溶けてしまったりします。そして最悪の場合には、歯周病菌が血管に入って全身をめぐるようになり、心臓病や腎臓病お引き起こしてしまうこともあるのです。
また歯や歯茎に痛みや違和感がある場合、猫ちゃんは食事をすることさえも苦痛に感じるようになってしまいます。

愛猫の幸せのためにはどちらがいいのかということを考えた場合、答えは自ずと出てくるような気がしませんか?

ペットの口内のケアの理想的な商品は、簡単で使いやすく、継続的に続けられるものであるべきだと考えます。ペットの体に安全で、ストレスなく使用されるべきです。そして、確かな効果が期待出来るものが良いでしょう。人気なのが、スプレータイプで液体を口に吹きかける歯石ケアと、ペットの飲み水に液体を混ぜるタイプのケアです。どちらもお手軽ケアで、健康的な口内環境を育ててくれます。深刻な歯石はスプレータイプで、普段のデイリーケアは飲み水に混ぜるタイプがお薦めです。970以上もの動物病院やサロンがモニターし、口内環境を整えるために選んでいるので、お近くの動物病院やサロンで安く購入できるでしょう。

 - 猫の歯石取り

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

no image
猫の歯石を除去する場合、どのくらいの費用がかかりますか?

愛猫のオーラルケアのため、あるいは歯周病治療のために歯石を除去するにあたって、ど …

no image
歯石が溜まってしまうメカニズム

目次1.歯石の原因2.歯石がたまるメカニズム 1.歯石の原因 猫の歯も、何のお手 …

no image
猫も人間と同じように、定期的に動物病院で歯科検診を受けさせた方がいいのでしょうか?

目次1.猫の口腔内事情2.定期検診を受けるメリット3.定期検診の頻度 1.猫の口 …

no image
最近、愛猫の口臭が気になります。口臭を改善するためにはどうすればいいのでしょうか。

目次1.口臭の原因2.口臭の改善法3.口臭の予防法 1.口臭の原因 猫の口は、本 …

no image
歯茎のマッサージが、歯周病予防にいいと聞きました。猫の歯茎マッサージの仕方を教えてください。

目次1.歯茎マッサージの魅力2.歯茎マッサージのやり方3.歯茎マッサージをする際 …

no image
動物病院では全身麻酔をかけて歯石を除去すると聞きましたが、全身麻酔は本当に安全ですか?

目次1.全身麻酔の必要性2.全身麻酔の安全性3.無麻酔による歯石除去のデメリット …

no image
愛猫の歯に歯石がついているのかどうかや歯周病になっているかどうかは、どこをどう見ればわかりますか?

愛猫の健康を守ってあげることができるのは、飼い主さんだけです。そのため愛猫の健康 …

no image
猫の歯石は、予防することが大切と聞きました。どうしてですか?

目次1.歯石予防の重要性2.歯石の予防法・歯磨き・フードの工夫・おやつ 1.歯石 …

no image
自宅で猫の歯石を除去する方法を教えてください。

目次1.自宅で歯石を除去するために必要な道具2.自宅で歯石を除去する方法3.自宅 …

no image
愛猫が歯周病になってしまいました。歯周病の治療法にはどのようなものがありますか?

猫が歯周病になってしまうと、歯茎から血が出たり歯が抜けてしまったりというように深 …