犬猫の歯石口臭の除去対策まとめ

犬猫の歯石口臭に関する問題をまとめました

最近、愛猫の歯に歯石が付着しているのが気になります。歯石を放置しているとどうなってしまいますか?

   

1.歯茎が腫れる

歯石を放置していると最初にあらわれてくるのが、「歯茎が腫れる」という症状です。
歯石は歯の表面に付着した歯垢が石灰化したものなのですが、歯垢とは食べカスに細菌や雑菌が繁殖してねばねばのペースト状になってしまったもののことをいいます。ということは、歯石とは細菌や雑菌、さらには腐った食べ物の塊ということになります。
そして歯石は歯の生え際から付着するため、歯石を放置していると歯茎は常に歯石と接している状態になってしまいます。歯茎が歯石にさらされるということは、歯茎が雑菌の塊にさらされるのと同じことですので、炎症を起こし、腫れあがってしまうのです。

また猫は人間のように自主的に歯磨きをすることがありませんので、歯石を放置しているとどんどん歯石の量が増えていってしまいます。中には、歯石が歯よりも大きく成長してしまう猫もいるようですよ。
そしてここまで歯石を大きくしてしまった場合には、動物病院において全身麻酔をかけて除去するしかなくなってしまいます。

2.歯周病になる

さらに歯石を放置していると、かなりの高確率で歯周病を発症してしまいます。
歯石には歯周病菌をはじめとする様々な細菌や雑菌が含まれているため、歯石を放置していると歯周病になってしまうのです。

そして歯周病になってしまうと、歯茎から頻繁に出血するようになったり、歯が溶けてしまったり、歯を支えている骨が溶けてしまうことで歯がぐらぐらと動くようになってしまったりします。
また歯が動くようになると当然猫も痛みを感じるようになるため、食欲がなくなったり、歯の表面が溶かされることで知覚過敏になってしまい水を飲むことを嫌がったりするようにもなります。

3.健康を害する

さらに歯周病が進行してくると、口腔内だけではなく体中に様々な影響が出てきます。というのも歯周病に侵されている口の中というのは細菌や雑菌の巣窟となってしまっており、その菌は口の中だけにとどまらず血管を通って全身を回るようになります。
そしてその菌が心臓に入ると心臓病を引き起こしてしまいますし、食べ物と一緒に細菌を飲み込んでしまった場合には胃や腸にその菌が入ってしまい、胃炎や腸炎を引き起こしたり、下痢になってしまったりもします。
歯石は単にお口の中だけの問題ではなく、猫の健康を害する深刻な問題であるというわけです。

ペットの口内のケアの理想的な商品は、簡単で使いやすく、継続的に続けられるものであるべきだと考えます。ペットの体に安全で、ストレスなく使用されるべきです。そして、確かな効果が期待出来るものが良いでしょう。人気なのが、スプレータイプで液体を口に吹きかける歯石ケアと、ペットの飲み水に液体を混ぜるタイプのケアです。どちらもお手軽ケアで、健康的な口内環境を育ててくれます。深刻な歯石はスプレータイプで、普段のデイリーケアは飲み水に混ぜるタイプがお薦めです。970以上もの動物病院やサロンがモニターし、口内環境を整えるために選んでいるので、お近くの動物病院やサロンで安く購入できるでしょう。

 - 猫の歯石取り

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

no image
全身麻酔をして行う歯石除去と、麻酔をしないで行う歯石除去はどちらがおすすめですか?

歯石を除去する方法は、大きく分けて全身麻酔による方法と無麻酔による方法の2種類が …

no image
猫の歯石は、予防することが大切と聞きました。どうしてですか?

目次1.歯石予防の重要性2.歯石の予防法・歯磨き・フードの工夫・おやつ 1.歯石 …

no image
我が家の猫の歯にはたくさん歯石が付着しています。そこで動物病院での歯石除去を検討しているのですが、猫が高齢であるため全身麻酔に耐えられるかが心配です。シニア猫に全身麻酔をかけても大丈夫でしょうか。

目次1.シニア猫の口腔内2.全身麻酔の安全性3.決断のポイント 1.シニア猫の口 …

no image
猫の歯周病を放置していると、どうなってしまいますか?

猫の歯周病を放置していると、命にかかわるような病気を引き起こしてしまうこともあり …

no image
猫も人間と同じように、定期的に動物病院で歯科検診を受けさせた方がいいのでしょうか?

目次1.猫の口腔内事情2.定期検診を受けるメリット3.定期検診の頻度 1.猫の口 …

no image
フードによって歯石の付き方が変わるというのは本当ですか?愛猫の歯石を予防するにはどのようなフードをあげればいいですか?

目次1.歯石が付きやすいフード2.歯石が付きにくいフード 1.歯石が付きやすいフ …

no image
愛猫が歯周病になってしまいました。歯周病の治療法にはどのようなものがありますか?

猫が歯周病になってしまうと、歯茎から血が出たり歯が抜けてしまったりというように深 …

no image
動物病院では、どのようにして猫の歯石を除去しているのですか?

最近は手術中に立ち会うことができる動物病院も増えてきましたが、それでもまだ朝預け …

no image
歯石がたまっている猫にはどのような特徴がありますか?

猫の歯に付着した歯石は、歯茎からの出血や歯周病の原因となったり、病気の原因となっ …

no image
猫の歯はどのような構造になっていますか?人間の歯とは違うのですか?

目次1.猫の歯の構造2.猫の歯の特徴 1.猫の歯の構造 猫の歯も、オーラルケアを …