犬猫の歯石口臭の除去対策まとめ

犬猫の歯石口臭に関する問題をまとめました

愛猫が歯周病になっているかどうかが気になります。歯周病のサインについて教えてください。

   

猫のオーラルケアを怠っていると、歯石がたまってしまい、その歯石が原因で歯周病になってしまいます。そして歯周病になってしまうと口腔内をはじめ体中に様々な異変が生じてきます。
しかし猫は「ママ、歯が痛いよ・・・」とか、「歯が動いて気持ち悪いよ・・・」と言うことができないため、愛猫が歯周病になっていてもなかなか気づけない場合もあります。
そこでここでは、歯周病のサインについてご説明させていただきます。もし愛猫に以下のような症状がある場合には、歯周病の可能性を疑ってみてもいいかもしれません。

1.口臭がする

まずは口臭についてです。
歯周病の原因となる歯石は歯垢が石灰化することによって発生しますが、歯垢は食べカスや細菌、雑菌がペースト状になったものであり、いわばバイ菌の塊です。
そして歯周病にあるほど歯石が歯に付着しているということは、バイ菌の塊を歯にくっつけたままになっているということですので、そこからは悪臭を放つようになるというわけです。

口臭は歯周病の初期段階であらわれてくる症状ですので、定期的に愛猫の口臭をチェックしておくようにしましょう。

2.歯茎が腫れている

歯周病になると、歯周病菌に侵された歯茎が徐々に腫れてきます。
歯茎が腫れているかどうかは、歯茎の色を見て判断します。猫の歯茎は基本的にきれいなピンク色をしているのですが、これは赤くなっていたり、赤黒くなっていたりすると要注意です。歯周病によって歯茎が腫れている可能性があります。

また歯茎の腫れだけではなく、歯茎からの出血にも注意が必要です。大した刺激が与えられたわけでもないのに歯茎から出血してしまうような場合には、歯周病の可能性を疑いましょう。

3.歯が抜けた

歯周病のサインとしては、歯が抜けてしまうという症状も挙げられます。
歯周病になると歯茎が下がってしまったり、歯を支えている骨が溶けてしまったりするため歯がぐらぐらと動くようになったり、歯が抜けてしまったりするのです。

4.食欲がない

愛猫が急にご飯を食べなくなったり、お水を飲まなくなったりすると、要注意です。
歯周病になると歯茎が下がって歯の根元部分がさらされるため痛みを感じたり、歯がぐらぐらと動くようになるため不快感を覚えたりして、食欲が減退してしまうことがあるのです。
愛猫の食欲が落ちた場合には、歯周病の可能性を疑ってみましょう。

ペットの口内のケアの理想的な商品は、簡単で使いやすく、継続的に続けられるものであるべきだと考えます。ペットの体に安全で、ストレスなく使用されるべきです。そして、確かな効果が期待出来るものが良いでしょう。人気なのが、スプレータイプで液体を口に吹きかける歯石ケアと、ペットの飲み水に液体を混ぜるタイプのケアです。どちらもお手軽ケアで、健康的な口内環境を育ててくれます。深刻な歯石はスプレータイプで、普段のデイリーケアは飲み水に混ぜるタイプがお薦めです。970以上もの動物病院やサロンがモニターし、口内環境を整えるために選んでいるので、お近くの動物病院やサロンで安く購入できるでしょう。

 - 猫の歯石取り

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

no image
全身麻酔をして行う歯石除去と、麻酔をしないで行う歯石除去はどちらがおすすめですか?

歯石を除去する方法は、大きく分けて全身麻酔による方法と無麻酔による方法の2種類が …

no image
動物病院では、どのようにして猫の歯石を除去しているのですか?

最近は手術中に立ち会うことができる動物病院も増えてきましたが、それでもまだ朝預け …

no image
愛猫の歯に歯石がついているのかどうかや歯周病になっているかどうかは、どこをどう見ればわかりますか?

愛猫の健康を守ってあげることができるのは、飼い主さんだけです。そのため愛猫の健康 …

no image
猫の歯磨きの仕方について教えてください。

歯石付着を防ぎ、歯周病を予防するためにも歯磨きはとても大切です。そこでここでは、 …

no image
猫の歯周病を放置していると、どうなってしまいますか?

猫の歯周病を放置していると、命にかかわるような病気を引き起こしてしまうこともあり …

no image
猫も人間と同じように、定期的に動物病院で歯科検診を受けさせた方がいいのでしょうか?

目次1.猫の口腔内事情2.定期検診を受けるメリット3.定期検診の頻度 1.猫の口 …

no image
自宅で猫の歯石を除去する方法を教えてください。

目次1.自宅で歯石を除去するために必要な道具2.自宅で歯石を除去する方法3.自宅 …

no image
愛猫の歯に歯石がついています。歯石を除去する方法について教えてください。

猫の歯に付着した歯石を放置していると、歯肉炎や歯周病の原因となってしまいます。そ …

no image
動物病院では全身麻酔をかけて歯石を除去すると聞きましたが、全身麻酔は本当に安全ですか?

目次1.全身麻酔の必要性2.全身麻酔の安全性3.無麻酔による歯石除去のデメリット …

no image
歯茎のマッサージが、歯周病予防にいいと聞きました。猫の歯茎マッサージの仕方を教えてください。

目次1.歯茎マッサージの魅力2.歯茎マッサージのやり方3.歯茎マッサージをする際 …