犬猫の歯石口臭の除去対策まとめ

犬猫の歯石口臭に関する問題をまとめました

全身麻酔をして行う歯石除去と、麻酔をしないで行う歯石除去はどちらがおすすめですか?

   

歯石を除去する方法は、大きく分けて全身麻酔による方法と無麻酔による方法の2種類があります。猫の飼い主さんとしては、どちらを選ぶか迷ってしまいますよね。そこでまずは、それぞれの方法のメリットとデメリットについて考察してみましょう。

1.全身麻酔による歯石除去のメリット・デメリット

まずは全身麻酔による歯石除去のメリット・デメリットについて考察してみましょう。

・メリット

全身麻酔による歯石除去のメリットとしてはまず、猫に意識がない状態で施術をすることができるため、歯周ポケットの奥深くに溜まった歯石まで根こそぎ除去することができるという点が挙げられます。
また麻酔が効いている間は猫に抵抗されることがないため、歯の表面を丁寧に磨いたり、口腔内の洗浄を行ったりというようにじっくりと作業をすることもできます。
さらに猫は眠っている間にすべてが終わっているため、歯石除去によるストレスを感じることがありません。

・デメリット

次に全身麻酔による歯石除去のデメリットについてです。
全身麻酔による歯石除去のデメリットとしては、やはり全身麻酔のリスクという点が挙げられるでしょう。
術前には血液検査等を行い、体重を測定したうえで適切な量の麻酔薬を使用しますが、それでもリスクがゼロというわけではありません。やはり薬を使用する以上、何らかの事故が起こる可能性は否定できないのです。

2.無麻酔による歯石除去のメリット・デメリット

次に無麻酔による歯石除去のメリットとデメリットについて考察してみましょう。

・メリット

無麻酔による歯石除去のメリットとしては、全身麻酔による事故が起こる可能性がないという点が挙げられるでしょう。麻酔を使用しないのであれば、心臓病などの持病がある猫や高齢の猫でも安心して歯石を除去することができます。

・デメリット

では、無麻酔による歯石除去にはどのようなデメリットがあるのでしょうか。
無麻酔による歯石除去のデメリットとしてはまず、表面に見えている部分の歯石しか除去することができないという点が挙げられます。
歯周ポケットや歯の生え際に付着している歯石を除去するにはかなりの痛みを伴うため、無麻酔で施術をすることはできないのです。

また口の中を触られるのを嫌がる猫の場合、無麻酔では歯石を除去することができないこともあります。

3.どちらがいいのか

こうして見てみると全身麻酔による歯石除去にも、無麻酔による歯石除去にもそれぞれメリットとデメリットがあることがお分かりいただけるかと思います。
そこでどちらの方法にするか迷った場合には、愛猫の歯の状態に合わせ、歯周病の治療が目的なのであれば全身麻酔による歯石除去を、あくまでも歯を美しくすることや単なるオーラルケアが目的なのであれば無麻酔による歯石除去を選択するということをおすすめします。
どちらか一方というのではなく、目的によって使い分けるというわけですね。

ペットの口内のケアの理想的な商品は、簡単で使いやすく、継続的に続けられるものであるべきだと考えます。ペットの体に安全で、ストレスなく使用されるべきです。そして、確かな効果が期待出来るものが良いでしょう。人気なのが、スプレータイプで液体を口に吹きかける歯石ケアと、ペットの飲み水に液体を混ぜるタイプのケアです。どちらもお手軽ケアで、健康的な口内環境を育ててくれます。深刻な歯石はスプレータイプで、普段のデイリーケアは飲み水に混ぜるタイプがお薦めです。970以上もの動物病院やサロンがモニターし、口内環境を整えるために選んでいるので、お近くの動物病院やサロンで安く購入できるでしょう。

 - 猫の歯石取り

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

no image
動物病院では全身麻酔をかけて歯石を除去すると聞きましたが、全身麻酔は本当に安全ですか?

目次1.全身麻酔の必要性2.全身麻酔の安全性3.無麻酔による歯石除去のデメリット …

no image
最近、愛猫の歯に歯石が付着しているのが気になります。歯石を放置しているとどうなってしまいますか?

目次1.歯茎が腫れる2.歯周病になる3.健康を害する 1.歯茎が腫れる 歯石を放 …

no image
愛猫が、歯磨きを嫌がってさせてくれません。どうすれば歯磨きさせてもらえますか?

動物は、基本的に口の中を触られるのを嫌がります。口は急所である喉につながる部分で …

no image
猫も人間と同じように、定期的に動物病院で歯科検診を受けさせた方がいいのでしょうか?

目次1.猫の口腔内事情2.定期検診を受けるメリット3.定期検診の頻度 1.猫の口 …

no image
我が家の猫の歯にはたくさん歯石が付着しています。そこで動物病院での歯石除去を検討しているのですが、猫が高齢であるため全身麻酔に耐えられるかが心配です。シニア猫に全身麻酔をかけても大丈夫でしょうか。

目次1.シニア猫の口腔内2.全身麻酔の安全性3.決断のポイント 1.シニア猫の口 …

no image
猫の歯石の予防法について教えてください。

  猫の歯に歯石がたまってくると、歯周病になり歯を失ってしまったり重篤 …

no image
愛猫が歯周病になってしまいました。歯周病の治療法にはどのようなものがありますか?

猫が歯周病になってしまうと、歯茎から血が出たり歯が抜けてしまったりというように深 …

no image
猫の歯にも人間と同じように歯石がつくと聞きました。そもそも歯石って何ですか?

目次1.歯石とは2.歯石が体に悪いワケ 1.歯石とは 「猫の歯にも歯石がたまる」 …

no image
動物病院では、どのようにして猫の歯石を除去しているのですか?

最近は手術中に立ち会うことができる動物病院も増えてきましたが、それでもまだ朝預け …

no image
猫の歯はどのような構造になっていますか?人間の歯とは違うのですか?

目次1.猫の歯の構造2.猫の歯の特徴 1.猫の歯の構造 猫の歯も、オーラルケアを …