犬猫の歯石口臭の除去対策まとめ

犬猫の歯石口臭に関する問題をまとめました

動物病院では全身麻酔をかけて歯石を除去すると聞きましたが、全身麻酔は本当に安全ですか?

   

1.全身麻酔の必要性

動物病院では、猫に全身麻酔をかけたうえで歯石の除去をしていきます。では、そもそもどうして歯石を除去するために全身麻酔をかけなければならないのでしょうか。人間が歯医者さんで歯石を取ってもらうときには全身麻酔などすることがないため、不思議に思ってしまいますよね。

動物病院で猫の歯石を除去する場合、歯周病がかなり進行していることが多く、歯周ポケットの奥深くにまで歯石がたまってしまっています。そして歯周病を治療するためには、歯周ポケットの奥に溜まった歯石についても徹底的に除去する必要があります。
しかし歯周ポケットの歯石を除去するためには歯茎の奥の方にまでスケーラーを入れる必要があり、この作業には大変な痛みを伴います。

また猫は人間のように歯石を除去することの大切さを理解することができません。猫自身が「歯の健康のためなのだから頑張ろう」と耐えてくれればいいのですが、そういうわけにもいかないため、獣医さんにわけのわからない恐ろしい器具を口に突っ込まれてガリガリとされれば、当然猫は全力で抵抗します。
そうすると、獣医さんとしても歯石を除去するどころではなくなってしまいます。

こういった理由から、動物病院では全身麻酔をかけ、猫を眠らせから歯石を除去しているのです。

2.全身麻酔の安全性

全身麻酔の必要性についてはわかりましたが、では、全身麻酔は本当に安全なのでしょうか。飼い主さんとしてはその安全性が気になりますよね。

動物病院では、猫の体重をしっかりと図ったうえで使用する麻酔薬の量を決めています。また全身麻酔をかける前には血液検査をし、腎臓の数値に異常はないか、何か他に病気を抱えてはいないかなどを入念にチェックし、その猫が全身麻酔に耐えられるかどうかを判断しています。
そのため、全身麻酔についてはそこまで心配する必要はないと言えます。それよりも、全身麻酔を怖がるあまり歯石を放置してしまうことの方がよっぽど危険といえるでしょう。

3.無麻酔による歯石除去のデメリット

最近では、ペットサロン等で無麻酔による歯石除去が行われています。
しかし無麻酔による歯石除去には、様々なデメリットが存在します。

例えば、全ての歯石を完全に除去することができないという点です。
無麻酔による歯石除去をする場合には、歯の表面に付着している歯石しか除去することができないため、歯周ポケットの奥に溜まった歯石についてはケアすることができないのです。
また無麻酔で歯石除去をすると、猫に大変な恐怖とストレスを与えてしまい、それをきっかけにオーラルケアをさせてくれなくなることもあります。

ペットの口内のケアの理想的な商品は、簡単で使いやすく、継続的に続けられるものであるべきだと考えます。ペットの体に安全で、ストレスなく使用されるべきです。そして、確かな効果が期待出来るものが良いでしょう。人気なのが、スプレータイプで液体を口に吹きかける歯石ケアと、ペットの飲み水に液体を混ぜるタイプのケアです。どちらもお手軽ケアで、健康的な口内環境を育ててくれます。深刻な歯石はスプレータイプで、普段のデイリーケアは飲み水に混ぜるタイプがお薦めです。970以上もの動物病院やサロンがモニターし、口内環境を整えるために選んでいるので、お近くの動物病院やサロンで安く購入できるでしょう。

 - 猫の歯石取り

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

no image
愛猫が歯周病になっているかどうかが気になります。歯周病のサインについて教えてください。

猫のオーラルケアを怠っていると、歯石がたまってしまい、その歯石が原因で歯周病にな …

no image
最近、愛猫の口臭が気になります。口臭を改善するためにはどうすればいいのでしょうか。

目次1.口臭の原因2.口臭の改善法3.口臭の予防法 1.口臭の原因 猫の口は、本 …

no image
自宅で猫の歯石を除去する方法を教えてください。

目次1.自宅で歯石を除去するために必要な道具2.自宅で歯石を除去する方法3.自宅 …

no image
最近、愛猫の歯に歯石が付着しているのが気になります。歯石を放置しているとどうなってしまいますか?

目次1.歯茎が腫れる2.歯周病になる3.健康を害する 1.歯茎が腫れる 歯石を放 …

no image
猫の歯はどのような構造になっていますか?人間の歯とは違うのですか?

目次1.猫の歯の構造2.猫の歯の特徴 1.猫の歯の構造 猫の歯も、オーラルケアを …

no image
猫の歯磨きの仕方について教えてください。

歯石付着を防ぎ、歯周病を予防するためにも歯磨きはとても大切です。そこでここでは、 …

no image
猫も人間と同じように虫歯になったり歯石がたまったりするのですか?

目次1.猫は虫歯になるのか2.猫は歯石がたまるのか 1.猫は虫歯になるのか 人間 …

no image
歯茎のマッサージが、歯周病予防にいいと聞きました。猫の歯茎マッサージの仕方を教えてください。

目次1.歯茎マッサージの魅力2.歯茎マッサージのやり方3.歯茎マッサージをする際 …

no image
我が家の猫の歯にはたくさん歯石が付着しています。そこで動物病院での歯石除去を検討しているのですが、猫が高齢であるため全身麻酔に耐えられるかが心配です。シニア猫に全身麻酔をかけても大丈夫でしょうか。

目次1.シニア猫の口腔内2.全身麻酔の安全性3.決断のポイント 1.シニア猫の口 …

no image
猫の歯石の予防法について教えてください。

  猫の歯に歯石がたまってくると、歯周病になり歯を失ってしまったり重篤 …