犬猫の歯石口臭の除去対策まとめ

犬猫の歯石口臭に関する問題をまとめました

猫の歯石は、予防することが大切と聞きました。どうしてですか?

   

1.歯石予防の重要性

歯石は、歯肉炎や歯周病など様々な病気の原因となります。またシニア猫になってくると、歯石が原因となって歯槽膿漏になってしまったり、破歯細胞性吸収病巣や歯頸部吸収病巣という恐ろしい病気にかかってしまったりもします。
そしてこれらの病気を治療するためには歯石を除去する必要があるのですが、猫の歯石除去は全身麻酔をかけたうえで行わなければなりません。もちろん全身麻酔は十分な検査をし、安全性を確保したうえでかけられるのですが、それでも愛猫の体に負担を与えてしまうことに変わりはありません。

また一度歯に歯石が付着してしまうと、歯石の上には歯垢が付きやすくなるため、どんどん歯石が成長していってしまいます。そして成長した歯石は歯よりも大きくなってしまうこともあります。
こうなってしまっては歯石を除去するのではなく抜歯による治療をしなければならなくなってしまいます。

そう、愛猫の健康を守るためには「歯石を除去する」のではなく「歯石を予防する」ことが何よりも重要なのです。

2.歯石の予防法

では、歯石を予防するためにはどうすればいいのでしょうか。歯石は、歯に付着した歯垢が石灰化することによって発生します。そこで歯石を予防するためには歯に付着した歯垢を落としてあげることが大切なのです。
そこでここでは、歯の歯垢を落とすために有効な方法についてご紹介させていただきます。

・歯磨き

歯の歯垢を落とすために最も有効なのは、歯磨きをすることです。
歯ブラシを使って丁寧に歯を磨くのが理想的ですが、猫の中には歯ブラシを嫌がる子もいます。
そういう場合は無理矢理押さえつけて歯磨きをするのではなく、ガーゼを指に巻いて歯垢を落としてあげたり、綿棒に歯磨き液を染み込ませて歯垢を落としてあげたりしましょう。

またゆくゆくは歯磨きができるようになるように、「歯磨きトレーニング」を並行して行うことも大切です。

・フードの工夫

猫の歯石は、フードでも予防することができます。
ウエットタイプの柔らかいフードは歯に食べカスが付きやすいのに対して、ドライタイプの硬いフードは歯に食べカスが付きにくくなっています。
そこで歯石を予防するためには食べカスが付きにくいドライタイプのフードを食べさせることをおすすめします。

・おやつ

猫の歯に付着した歯垢を除去する方法として有効なのが、マタタビをかじらせることです。猫は基本的に「食べ物を噛み砕く」ということをしない生き物ですが、マタタビに関してはガジガジとかじってくれます。
マタタビのような硬いものをかじると歯の表面に付着した歯垢を落とすことができるため、歯石予防には大変有効というわけです。

ペットの口内のケアの理想的な商品は、簡単で使いやすく、継続的に続けられるものであるべきだと考えます。ペットの体に安全で、ストレスなく使用されるべきです。そして、確かな効果が期待出来るものが良いでしょう。人気なのが、スプレータイプで液体を口に吹きかける歯石ケアと、ペットの飲み水に液体を混ぜるタイプのケアです。どちらもお手軽ケアで、健康的な口内環境を育ててくれます。深刻な歯石はスプレータイプで、普段のデイリーケアは飲み水に混ぜるタイプがお薦めです。970以上もの動物病院やサロンがモニターし、口内環境を整えるために選んでいるので、お近くの動物病院やサロンで安く購入できるでしょう。

 - 猫の歯石取り

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

no image
猫の歯石を除去する場合、どのくらいの費用がかかりますか?

愛猫のオーラルケアのため、あるいは歯周病治療のために歯石を除去するにあたって、ど …

no image
歯茎のマッサージが、歯周病予防にいいと聞きました。猫の歯茎マッサージの仕方を教えてください。

目次1.歯茎マッサージの魅力2.歯茎マッサージのやり方3.歯茎マッサージをする際 …

no image
歯石がたまっている猫にはどのような特徴がありますか?

猫の歯に付着した歯石は、歯茎からの出血や歯周病の原因となったり、病気の原因となっ …

no image
全身麻酔をして行う歯石除去と、麻酔をしないで行う歯石除去はどちらがおすすめですか?

歯石を除去する方法は、大きく分けて全身麻酔による方法と無麻酔による方法の2種類が …

no image
我が家の猫の歯にはたくさん歯石が付着しています。そこで動物病院での歯石除去を検討しているのですが、猫が高齢であるため全身麻酔に耐えられるかが心配です。シニア猫に全身麻酔をかけても大丈夫でしょうか。

目次1.シニア猫の口腔内2.全身麻酔の安全性3.決断のポイント 1.シニア猫の口 …

no image
自宅で猫の歯石を除去する方法を教えてください。

目次1.自宅で歯石を除去するために必要な道具2.自宅で歯石を除去する方法3.自宅 …

no image
愛猫の歯に歯石がついているのかどうかや歯周病になっているかどうかは、どこをどう見ればわかりますか?

愛猫の健康を守ってあげることができるのは、飼い主さんだけです。そのため愛猫の健康 …

no image
動物病院では全身麻酔をかけて歯石を除去すると聞きましたが、全身麻酔は本当に安全ですか?

目次1.全身麻酔の必要性2.全身麻酔の安全性3.無麻酔による歯石除去のデメリット …

no image
愛猫が歯周病になっているかどうかが気になります。歯周病のサインについて教えてください。

猫のオーラルケアを怠っていると、歯石がたまってしまい、その歯石が原因で歯周病にな …

no image
愛猫が急にご飯を食べなくなりました。また、お水も飲みたくなさそうです。何が原因なのでしょうか。

目次1.猫の食欲がなくなる原因2.治療法 1.猫の食欲がなくなる原因 まだそんな …