犬猫の歯石口臭の除去対策まとめ

犬猫の歯石口臭に関する問題をまとめました

猫の歯磨きの仕方について教えてください。

   

歯石付着を防ぎ、歯周病を予防するためにも歯磨きはとても大切です。そこでここでは、正しい歯磨きの仕方についてご紹介させていただきます。

1.歯ブラシを使う場合

まずは歯ブラシを使った歯磨きの仕方についてです。
猫の中には歯ブラシを嫌がる子もいますが、やはり歯ブラシを使った歯磨きが一番よく歯垢を落とすことができますので、「歯磨きトレーニング」をすることでできるだけ歯ブラシに慣れさせることをおすすめします。

では早速歯磨きをしていきましょう。
猫の歯は、奥から順に臼歯、犬歯、門歯という種類の歯が並んでいます。これらのうち門臼歯はほとんど使われることがないため歯垢の付着しにくくなっています。これに対して奥の方にはえている臼歯は、形が複雑であるうえ入り組んで生えているため、歯垢がたまりやすくなっています。
そこで歯磨きをする際には奥の方にはえている臼歯を念入りに磨いていくようにしましょう。

また猫には食べ物を噛み砕く習性がないため、歯の内側にはほとんど歯垢がたまりません。これに対して歯の表面は、食事をする際食べ物にさらされるため歯垢がたまりやすくなっています。
そのため歯を磨く際は表面を重点的にブラッシングするようにしましょう。

さらに歯磨きをする際は、歯の生え際を念入りにブラッシングすることをおすすめします。歯の生え際には歯垢がたまりやすく、その部分が歯石になってしまうと歯茎に直接歯石がふれるため、炎症を起こしやすいのです。
また歯の生え際をブラッシングすると歯茎をマッサージすることにもなるため、歯周病を予防することもできます。

ちなみに歯磨きをする時ですが、もしお腹を見せてくれる猫ちゃんであれば、仰向けの状態でひざの上に頭をのせてブラッシングをすると、初心者の方でも上手に歯磨きをすることができます。

2.ガーゼや綿棒を使う場合

歯ブラシが嫌いでどうしても歯磨きをさせてくれないという猫ちゃんの場合は、ガーゼや綿棒を用いて歯磨きをするという方法があります。
方法はとても簡単で、綿棒もしくは指に巻いたガーゼで歯の表面に付着した歯垢を取ってあげるだけで構いません。

ただし綿棒やガーゼで歯磨きをする場合には、一つだけ注意すべき点があります。それは、綿棒等をよく湿らせておくということです。
当然ですが、猫の歯茎は唾液によって常に湿った状態にあります。湿った状態の粘膜に乾いたものを当ててこすると、粘膜には沢山の傷がついてしまうのです。

そこで愛猫の歯磨きは、水や歯磨き液などで綿棒やガーゼをしっかりと湿らせてから行うようにしましょう。

ペットの口内のケアの理想的な商品は、簡単で使いやすく、継続的に続けられるものであるべきだと考えます。ペットの体に安全で、ストレスなく使用されるべきです。そして、確かな効果が期待出来るものが良いでしょう。人気なのが、スプレータイプで液体を口に吹きかける歯石ケアと、ペットの飲み水に液体を混ぜるタイプのケアです。どちらもお手軽ケアで、健康的な口内環境を育ててくれます。深刻な歯石はスプレータイプで、普段のデイリーケアは飲み水に混ぜるタイプがお薦めです。970以上もの動物病院やサロンがモニターし、口内環境を整えるために選んでいるので、お近くの動物病院やサロンで安く購入できるでしょう。

 - 猫の歯石取り

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

no image
猫の歯石を除去する場合、どのくらいの費用がかかりますか?

愛猫のオーラルケアのため、あるいは歯周病治療のために歯石を除去するにあたって、ど …

no image
ペットサロンでも猫の歯石除去ができると聞きました。ペットサロンではどのようにして歯石を除去しているのですか?

目次1.ペットサロンでの歯石除去2.ペットサロンで歯石を除去するメリット3.ペッ …

no image
愛猫の歯に歯石がついています。歯石を除去する方法について教えてください。

猫の歯に付着した歯石を放置していると、歯肉炎や歯周病の原因となってしまいます。そ …

no image
シニア猫になると、口腔内の病気にかかりやすいと聞きました。具体的にどのような病気になってしまうのですか?

目次1.シニア猫の口腔内事情2.シニア猫に多い口腔内の病気 1.シニア猫の口腔内 …

no image
愛猫が急にご飯を食べなくなりました。また、お水も飲みたくなさそうです。何が原因なのでしょうか。

目次1.猫の食欲がなくなる原因2.治療法 1.猫の食欲がなくなる原因 まだそんな …

no image
猫も人間と同じように、定期的に動物病院で歯科検診を受けさせた方がいいのでしょうか?

目次1.猫の口腔内事情2.定期検診を受けるメリット3.定期検診の頻度 1.猫の口 …

no image
猫も人間と同じように虫歯になったり歯石がたまったりするのですか?

目次1.猫は虫歯になるのか2.猫は歯石がたまるのか 1.猫は虫歯になるのか 人間 …

no image
動物病院では、どのようにして猫の歯石を除去しているのですか?

最近は手術中に立ち会うことができる動物病院も増えてきましたが、それでもまだ朝預け …

no image
猫の歯周病を放置していると、どうなってしまいますか?

猫の歯周病を放置していると、命にかかわるような病気を引き起こしてしまうこともあり …

no image
我が家の猫の歯にはたくさん歯石が付着しています。そこで動物病院での歯石除去を検討しているのですが、猫が高齢であるため全身麻酔に耐えられるかが心配です。シニア猫に全身麻酔をかけても大丈夫でしょうか。

目次1.シニア猫の口腔内2.全身麻酔の安全性3.決断のポイント 1.シニア猫の口 …